読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milk+ea

Weblog Is My Hobby.

WindowsでMongoDBを使えるようにする

Downloads-MongoDBのProduction Releaseから自分のbitに合わせたものをダウンロードします。
zipファイルを解答して、任意のフォルダへ置きます(以下そのMongoDBディレクトリまでのPathを%MONGO_HOME%とします)。
僕はファイル名をmongoと変えて、c:\pg\mongoへ置きました。

MongoDBのフォルダの中にdbというフォルダを作っておきます。
僕の場合なら、c:\pg\mongo\dbとなるように。

コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げて%MONGO_HOME%\binへ移動します。
僕の場合なら、c:\pg\mongo\binに移動。

以下様なのコマンドを叩きます。

mongod --install --dbpath  %MONGO_HOME%\db --logpath %MONGO_HOME%\log.txt
# 僕の場合なら以下のように
mongod --install --dbpath  c:\pg\mongo\db --logpath c:\pg\mongo\log.txt

うまくいけば以下のコマンドをするとMongoDBのサービスが開始されます。

net start MongoDB

あとは

%MONGO_HOME%\bin\mongo

とやればMongoDBに接続することができます。
が、面倒くさいと思ったのでPathを通してしまいます。 システムの詳細設計の環境変数→システムの環境変数に新規でMONGO_HOMEを追加。

変数名 - MONGO_HOME 
変数値 - %MONGO_HOME%

Pathの最後に編集で

# ここの%MONGO_HOME%はそのまま書いてください。
%MONGO_HOME%/bin;  

を追加。

うまくPathが通っていればどこにいても以下を実行すればMongoDBと接続できます。

mongo

(´・ω・`)v